単納期で作れる、記念品・ノベルティ用オリジナルお菓子を探してみた。

オリジナル お菓子の事例

オリジナル オーダー ギフト 日常

故郷の両親に一足早くビックリ電報!

更新日:

実家の近くに住んでいない方は、年末やお盆の時期などの年に数回の帰省は楽しみにしている人も多いと思います。

もちろん、故郷のご両親も楽しみに待っていることでしょう。

帰省の前に、電話やメールで帰ることを伝える方がほとんどだと思います。

ここは一味違った電報で伝えてみるのはいかがでしょうか。とても素敵な電報を紹介します。

年末年始の帰省時に

年末年始には実家に帰省するという方は多いと思います。家族や親戚で集まり、ゆっくり過ごせる時間は楽しみですね。

仕事が忙しくて、帰れないときもあるという方もいるかもしれません。

故郷の両親は、「今年は帰って来れるのかな」と帰省できることを楽しみにしていることでしょう。

年末年始に帰省できることが決まったとき、どのように報告していますか?

電話やメールで、帰る日程を簡単に伝える方が多いでしょう。その報告だけでも両親はうれしいとは思いますが、今年はさらに喜ばせ、びっくりさせてみませんか。

それもマシュマロで。電報がマシュマロギフトになっていて、マシュマロの一つ一つに1文字ずつ書かれています。

組み合わせると、メッセージが作ることができます。

一つ一つ丁寧に箱に詰められて透明なパッケージに入っているため、箱を開けた瞬間あなたのメッセージが届けられます。

マシュマロだけでなく、メッセージカードに差出人と80文字以内のメッセージを入れることができますので、日頃の感謝の気持ちを伝えたらより効果的です。

文字だけでなく、動物などのかわいらしいイラストつきにすると貰ったほうもほっこりしそうですね。

冠婚葬祭などの特別なときだけと決め付けずに、気軽に電報を送って喜ばせましょう。

メッセージにも変化をつけよう

マシュマロ電報は15文字でメッセージを送ることができます。

手紙やメールと違って、電報は限られた文字数でメッセージを考えなければなりません。

それがちょっと難しくもあり、おもしろいことですね。その限られた文字数で、帰省の連絡や普段はなかなか口に出して言うことができない感謝の気持ちなどを伝えましょう。

「かえるよ」「まっててね」「たのしみ」「ありがとう」など、短くて、伝えたいことや想いが伝わる言葉でメッセージを考えてみましょう。

帰省の連絡マシュマロ電報で毎回違うメッセージを送るのもいいですね。

故郷の両親も、今度はどんなメッセージが来るかなと楽しみになりそうですね。

自分の名前や両親の名前、故郷の名前などをマシュマロに入れるのも一つの案です。

そんな可愛らしい思いのつまったマシュマロを家族みんなで食べるのも、楽しく、盛り上がります。

年末・年始がさらに楽しくなりますね。

想いが伝わる、心が温かくなるマシュマロ電報でさらに家族の絆が深まるでしょう。

ギフトを付けて日頃の感謝の気持ちを表そう

突然マシュマロに記された電報を送るだけでも両親は驚くことでしょう。

また、日頃の感謝の気持ちを表すために、ギフトを付けて送るということもできます。

忙しくて年末年始ぐらいしか帰ることができないという方も多いでしょう。

頻繁に顔を見せることができない分、帰省するときには精一杯の感謝の気持ちを伝えてみましょう。

そこで、帰省の前にマシュマロ電報とともに、ギフトを送るというのがおすすめです。

ギフトだけを送るというのは、なかなかタイミングやチャンスがないかもしれませんが、帰省の連絡と一緒に送ることで自然に、日頃の感謝の気持ちを伝えることができます。

ギフトは、タオルやマグカップなど様々です。その中でおすすめが、プリザーブドフラワーです。

やっぱりギフトの王道といえばお花です。プリザーブドフラワーは、生花と同じように美しい姿のまま、枯れないように加工しているため、手入れの必要もありません。

いつまでもそのままの美しさで飾ることができるのでおすすめです。

他には、グルメのギフト券などもおすすめです。両親のために送るのはもちろん、帰省したときに「一緒に食べようね」という意味で送ることでも思いが伝わりそうですね。

最近電報を送っていない、両親には送ったことがないという方も多いのではないでしょうか。

最近ではこんなに素敵な電報があります。

これまで送るきっかけやタイミングがなかったという方は、ぜひ年末年始の帰省の報告に電報を送ってみてはいかがでしょうか。

両親もあなたの帰省を楽しみに待っているでしょう。

普段は恥ずかしくて、直接だとなかなか言えないことも、電報だと自然に伝えられますね。電報を使って感謝の気持ちを伝えてみませんか。

毎年の恒例行事にするのもいいかもしれません。

ad336

ad336

-オリジナル オーダー, ギフト, 日常

Copyright© オリジナル お菓子の事例 , 2022 All Rights Reserved.